2015年02月26日

フェニックスライト事件の真相
極秘戦闘機「アストラ」がUFOと交戦した!!

ph1.jpg
▲1997年3月13日、アリゾナ州をはじめ、広範囲で怪光が目撃された「フェニックスライト事件」。謎の怪光の正体は、いまだ明らかにされていない。

謎に満ちた怪光事件「フェニックスライト」

 1997年3月13日の夜、メキシコのソノラ州やアメリカのフェニックスを中心としたアリゾナ州の上空に謎の光点物が複数、それも長時間に渡って出現した。この正体不明の光点物は通称「フェニックスライト」と呼ばれ、何千というアリゾナの住人に目撃された。しかし、当時の軍のスポークスマンは、「これらの明りは軍の飛行機の明りがフレアを起こしたものだ」というコメントを発表しただけだった。実際に起きたのがどういった事象だったのかは、17年もの間、謎のままになっている。
 2014年12月、フェニックス上空で一連の謎めいた光点が目撃されたその夜に撮影されたというビデオ映像が、アメリカのジャーナイスト、クリス・リチャードによって動画サイトYouTubeに投稿された。

 投稿されたクリップはアメリカ空軍の飛行機がパトロール中に撮影したというリーク映像で、デヴィッド・コリンズという人物が、フェニックスに基地局を持つ超常現象研究組織KWBVで事件の調査中に手に入れたもの。
 そこには、フェニックス市内の上空で、三角形の黒い機影と発光体が空中で交錯しているシーンが映り込んでいる。コリンズによれば、三角形の機影は原子力による反重力推進で飛行する米軍のハイテク戦闘機「TR3-B」で、「アストラ」のコードネームで呼ばれる機密兵器あるという。そして、一方の光体は正体不明の“未確認飛行物体”、そうUFOなのだという。なんと、この映像にはアストラとUFOが空中戦を繰り広げている瞬間がとらえられているものだというのである。地球の戦闘機とUFOが交戦している! これがフェイクでなければ、とんでもない映像である。
ph2.jpg
▲その存在すら明らかにされていない、米軍の極秘戦闘機「アストラ」。地球製UFOとして、近年でも目撃があいついでいる。

フェニックスライトの正体は未知の飛行物体だった!!

 事件に関して、当時のアリゾナ州の知事、ファイフ・シミントン三世がフェニックス上空に現れた光体について、興味深いコメントを残している。
「私はパイロットだったし、空を飛ぶどんな物体だって知り尽くしている。そのうえでいうが、これらの飛行物体は人間の手になるどんなものとも似通っていない。そして、これらが軍の発表にあるような、高度による飛行機のフレアでないことも断言できる。なぜならフレアはフォーメーションを組んで飛んだりしない」
 さらに、彼はこう付け加えている。
「これはいまだに解けない謎だ。多くの人々がこれを目撃している。信頼のおける人々だ。どうしてそういう目撃情報を軽んじられるのかわからない」
 コリンズは自らの見解に自信を持っているようで、自身のブログ「kwbvnews.com」でも、新たにもたらされた機密ビデオは、フェニックスの盆地上空を飛ぶ軍用機が、未知の飛行物体と交戦していたことを「証明する」ものと主張。同時に、このビデオに写っているほかの物体は「明らかに軍の物ではない」と断定している。
 はたして、あなたの目にはどう映るだろうか?
ph3.jpg
▲UFOとアストラとの激しい空中戦。この動画は、一度、削除されてしまっているが、「Mirror Online」で復活している。迫真に満ちた、その動画をぜひごらんいただきたい。



関連サイト「Mirror Online」
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/phoenix-lights-ufo-watch-incredible-4804782
posted by 並木伸一郎 at 13:16 | UFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。